arakawa FURNITURE 荒川家具

その家具と暮らす 荒川家具

History

  1. HOME
  2. History

歴史

古くは日光例弊使街道の宿場町として栄えた栃木県鹿沼市。
木工の町としても名が知られ「鹿沼組子」などの建具業者が今でも多く操業しています。

当店の始まりは明治30年(1897年)、初代 荒川初吉が指物師として、現在のお店のある場所で桐箪笥の製造を始めました。
二代目 荒川朝吉になり大正6年(1917年)店名を「箱朝」と命名し、その当時 丁稚奉公と呼ばれた弟子なども抱え朝から晩まで桐箪笥の製造に明け暮れたといいます。

三代目 荒川信吉は私のおじいちゃんにあたる人で製造品目も時代の流れで洋箪笥、仏壇、神棚と増やしていき、それまで製造卸のみだった業態から小売をはじめ、昭和24年(1949年)現在の場所に初のお店も構え社名も「有限会社 荒川たんす店」に変更いたしました。昭和40年(1965年)鹿沼木工団地造成に伴い工場を移転、本格的に製造部門を仏壇に切り替えました。

昭和初期のお店 イメージ

昭和初期のお店

昭和初期の従業員の皆さん イメージ

昭和初期の従業員の皆さん

四代目 父 荒川隆雄は昭和47年(1972年)お店を現在の3階建てに建替えその数年後同敷地に2階建ての店舗も増やし売り場拡張をはかりました。また昭和62年(1987年)木工団地内に仏壇神具のショールーム「荒川堂」をオープンさせ関東一円に神仏具の卸事業を拡大し、現在の当社の家具小売部門と神仏具卸小売部門の2事業体制を確立いたしました。
翌昭和63年(1988年)「株式会社 荒川」に社名変更。

五代目 私 荒川仁一は4年間の会社勤めの後、平成12年(2000年)に当社に入り、ちょうど転換期に来ていた家具店を任されました。
その当時いわゆる町の家具屋さんだった当店、言ってみればどこにでもある家具がたくさん並んでいたお店です。
まず全国の家具産地をめぐり自分の目でメーカーを探していきました。そのころ出会ったメーカーが今も取扱いのある宮崎椅子製作所やアカセ木工(マスターウォール)です。
その後北欧ヴィンテージ家具の取扱いを始めネットショップなども開設しいたしました。平成26年(2014年)に店舗のリニューアルをし現在に至っております。これからもお客様の暮らしに最適な家具は何かということを常に考えながら精進してまいります。